数ある格安スマホ会社があり、大手通信キャリアから乗り換えるとコストパフォーマンスが非常に高いという話もあるため、私も少し調べてみました。

というのも我が家も私と家内、長女と次女の毎月の大手通信キャリアへの支払いが22000円とかなり高価になっています。それも端末代金を最初に一括で支払ってもなおこの値段ですからかなりの通信費用だといえます。

個人的になりよりも高いと思うのは何といっても全く使わない通話に対して定額料金を沙羅っていることです。最近新たなプランで5分定額になりましたがそれでも仕組み上、総額の支払額は変わらないというのがおかしな設定になっています。

それでいて、もっとも利用するデータ通信については非常にコストパフォーマンスが悪いというのが不満であります。ここを前提にして格安スマホ会社のプランをいろいろながめてみました。

参考サイト:格安スマホおすすめネット

するとまず、どこの格安スマホ会社も通話なしのデータ通信プランを設定しているではないですか。それも3Gや5G、7Gといった様々なプランを用意してくれています。ここには通話プランはセットでの加入は求めていません。さらにこのデータ通信のプランが安いのです。

もちろん、個人の自由で5分までの定額プランや従量課金などいろいろな選択は可能です。実際にわたしが今の使い勝手である格安スマホ会社に加入した場合、毎月2000円以上は安くなる計算です。ただし、ここで重要なのはデータ通信の品質です。

エリアそのものはどこの格安スマホ会社大手通信キャリアの回線を借りて運用していますので、エリアそのものは全く問題ないと想定できます。

しかしながら、週末を中心としたデータ通信が集中する時間帯も動画のストリーミングや音楽配信が問題なく実行できるかどうかはそれぞれのキャリアで試してみなければわかりません。

しかし、すでに格安スマホ会社の回線数も500万回線をすでに超えたという記事が新聞やインターネットでうたわれています。となれば、十分に利用できるとある程度想定できるわけです。おすすめしたいのはまず、端末代金が発生せず、解約もいつでも可能なデータSIMを契約して機器に挿入して利用してみることです。

自分のライフスタイルの中で実際に試してみて、問題なく利用できるかどうかこのデータSIMで試してから、端末の契約を行うというステップにしていけば、まず失敗はないのではないかと思います。

もちろん、端末は店頭で触ることが可能です。